入れ歯(義歯)治療

大切な歯を何らかの原因で失ってしまい放置しておくと、残った歯が傾いたり、延びたりしてかみ合わせがしだいに乱れ、その結果、顎関節の異常、肩こり、片頭痛など不快な症状をまねくことがあります。
また、歯を支えていた骨(歯槽骨)は歯の喪失で吸収してしまうので顎は細くなってしまします。     一本歯を失っただけでもこれは起こりえることです。

入れ歯はものをかむ機能や顔や口唇の形態を回復すると同時に歯がなくなった時に続いておこる様々な不快症状を防ぐ方法の一つです。

他の方法(ブリッジ、インプラント、歯牙移植など)を考慮し入れ歯による治療を選んだ場合その長所(着脱により清掃がよくできる、歯科医院で簡単に調整できる等)をよく生かし自分の体の一部分のように使いこなせる様になるまで処置、調整を行って支援させていただきます。

部分入れ歯
一本~数本の歯が抜けてしまったときに、残っている歯に「クラスプ」という金属の鉤をかけて、歯を補う方法が保険治療の部分入れ歯です。鉤をかけた歯は左右から揺さぶられる力に弱いのでなるべくしっかりした歯を選ぶ必要があります。
部分入れ歯はこの鉤と床(プラスチックのようなレジンという材質のもの)に支えられ固定します。

鉤と床を一体化させた入れ歯が最近登場しました(フレキシブルデンチャー)。この入れ歯は金属の鉤がないので目立たなく違和感も従来の入れ歯に比べ少なくなりました(後述)。

総入れ歯
歯がとうとう一本もなくなってしまったら、総入れ歯を入れることになります。
保険治療の場合は、レジン製(前述)の総入れ歯ですが、保険外(自費)の総入れ歯には床を金属に置き換えることで厚さを薄くして違和感を少なくしたりできます。


見た目の美しさ
噛むという、歯本来の機能の他に、見た目の美しさにもこだわる患者さんが最近では増えてきました。きちんと噛めて、見た目もきれいでいようとする患者様は、確かに心身ともに若い印象があります。

前述しましたフレキシブルデンチャーは保険外(自費)の治療になりますが、金属の鉤を使わないので見た目も自然です。また弾性のある材質ですので違和感の少ない機能性のある入れ歯を作ることができます。

 

フレキシブルデンチャー

フレキシブルデンチャー:鉤と床が同じ材質でできている


フレキシブルデンチャーフレキシブルデンチャー







上:保険の義歯                                                 上下フレキシブルデンチャー
下:フレキシ ブルデンチャー



残った歯を守るために
入れ歯を入れることになったら、残った歯や歯ぐきをどう守るかが大切です。
歯が抜けてしまったのには、必ず原因があります。抜けてしまった歯のところに入れ歯を入れてそれで終わり、ではなく、歯が抜けた原因を見つけて、それを解消しましょう。そうでないと、また歯が抜けてしまったり、歯ぐきや骨の状態が悪くなって、将来もっと苦労することになってしまいます。

原因を取り除いた後は、きちんとメンテナンスをして定期検診を受け、口腔内を清潔な状態に保ってください。失った歯を教訓に、もう歯が抜けてしまうことがないように、口腔内をできるだけ健康に保つように、一緒に努力していきましょう。

フレキシブルデンチャー   ¥60,000~



医院案内

・JR東海道本線 共和駅徒歩5分
近藤歯科医院
愛知県大府市共栄町8-4-15*駐車場5台
TEL:0562-47-3343

診療時間

月・火・水・金
9:30∼12:00/15:00∼19:00


9:30∼12:00/15:00∼17:00
*訪問診療可

休診日

日曜・祝祭日

近藤歯科医院ではスタッフを募集しています詳細はお電話でお問い合わせください

スタッフ募集
リンク集