むし歯治療

むし歯について
冷たいもの甘いものがしみる、かむと痛い、違和感がある等はむし歯の初期症状ですが進行してもあまり症状がない場合もあります。
歯に穴があいていてよく物が詰まったりするのは進行したむし歯と考えられます。
レントゲン写真では視診では分かりにくい歯と歯の間などのむし歯が確認できます。


むし歯ができるしくみについて・・・・・・むし歯

 

 




 

 

むし歯は、程度によって以下の4段階に分けられています

C0:歯の表面の脱灰(だっかい)
自覚症状は全くありませんが着色、白濁等が認められます。
この段階のむし歯の場合、歯を削らなくても、大抵は歯磨きやフッ素を利用することで治すことができますが放置すれば歯の内部までむし歯が進行します。


C1
:歯の表面(エナメル質)のむし歯

C1C1 治療後

     

            




    

歯の表面をおおっているエナメル質が溶けている状態です。自分で見つけるのは難しいです。痛みはあまり感じません。むし歯になっている歯の表面を削って詰めるだけの治療になるので、痛みもなく簡単に治すことができます。

 


C2:歯の中(象牙質)のむし歯

C2 治療後

C2



       
      
        ⇒

 

 

 



                                                                                                                                                                                                     歯の中の象牙質まで進んでしまったむし歯です。
かむと痛かったり、冷たいものや甘いものが歯にしみるといった自覚症状が出てきます。
痛みを伴う場合は麻酔を打ってから治療することがありますが、この段階でも基本的にむし歯を削って詰めるだけなので、通院回数もそう多くなく治すことができます。

 


C3:神経まで達したむし歯

C3 治療中C3


                   

              ⇒






                  ⇙

C3 治療後

象牙質からさらに奥の神経(歯髄:しずい)まで進んでしまったむし歯です。冷たいもより熱いものがしみるようになります。炎症を起こして神経が圧迫されるため、ズキズキ痛みます。神経を取る治療(根管治療:こんかんちりょう)が必要になると、通院回数も多くなります。


C4:歯の根まで進行したむし歯

C4


                                          

                抜歯  の可能性が高い




歯の頭の部分(歯冠部:しかんぶ)がなくなって、歯の根の部分(歯根:しこん)だけが残った状態です。神経(歯髄:しずい)は死んでしまっているので、冷たいものや熱いものにしみることはあまりありません。歯の根元に膿がたまっていると、あごの骨に細菌が感染する場合もあります。最悪の場合抜歯が必要です。

それぞれの段階における治療方法は、むし歯の細かい進行状況によって変わってきます。
早い段階であれば、治療にかかる時間・痛みなどの精神的な負担が軽くて済みます。

患者様自身の大切な歯ですから、定期健診を受けることによって口腔内をチェックし問題があれば早期に治療を受けるようにしましょう。

医院案内

・JR東海道本線 共和駅徒歩5分
近藤歯科医院
愛知県大府市共栄町8-4-15*駐車場5台
TEL:0562-47-3343

診療時間

月・火・水・金
9:30∼12:00/15:00∼19:00


9:30∼12:00/15:00∼17:00
*訪問診療可

休診日

日曜・祝祭日

近藤歯科医院ではスタッフを募集しています詳細はお電話でお問い合わせください

スタッフ募集
リンク集