できるだけ自分の歯を残す治療

できるだけ自分の歯を残す治療、MIを当院では行なっています。

MIについて
以前は、どんなに小さなむし歯でも取り残しや歯の溝などでの再発を防いだり(予防拡大)、詰め物の固定力を強めるため、少し大きめに削って詰める(保持形態)といった治療方法を歯科大学で教育していました。

最近では、歯に対する接着材料の急激な進歩により、むし歯周辺の最小限の削除で治療が行えるようになってきました。
この治療法には歯の色に似た材料を使用しますので目立たず、また切削量が少ないため歯髄への刺激も減らすことができます。
しかし、この方法はあまり大きなむし歯には向いていません。
つまりどんな疾患にも言えることですがですが、早期に治療を受ければよりよい結果が得られる事を示唆しているのではないかと思います。

「MI」はMinimal Intervention(ミニマルインターベンション:最小限の侵襲)の略で2002年に国際歯科連盟で採択された「Minimal Intervention in the Management of Dental Caries」と称されるPolicy Statement に由来します。
このう蝕治療についての声明の基本的な考え方は以下の5項目です。
①口腔内細菌叢の改善
②患者教育
③エナメル質、象牙質のむし歯でまだ穴が開く前の状態の再石灰化
④う窩を形成した(穴の開いた)むし歯への最小の侵襲
⑤欠陥のある修復物の補修

MIは上記5項目を示すもので「最小限の切削」は④で示されています。
つまり歯に対する「最小限の切削」はMIの概念の中の一部ということになります。  

当院の考えるMI治療

歯科医の職務は、患者様の歯を守ることです。
そのためには予防が最も重要と考えております。
要約すると

  1. 1. むし歯にならないように、きちんと予防をすること。
  2. 2. むし歯ができれば早期に処置し、削る場合その範囲の少ない治療をすること。
  3. 3. 治療した歯やお口全体の健康を保つために、メンテナンスをすること

    この3つが大切だと考えています。

医院案内

・JR東海道本線 共和駅徒歩5分
近藤歯科医院
愛知県大府市共栄町8-4-15*駐車場5台
TEL:0562-47-3343

診療時間

月・火・水・金
9:30∼12:00/15:00∼19:00


9:30∼12:00/15:00∼17:00
*訪問診療可

休診日

日曜・祝祭日

近藤歯科医院ではスタッフを募集しています詳細はお電話でお問い合わせください

スタッフ募集
リンク集