画像診断

口腔領域の疾患は既往歴、視診等で判断できる場合以外多くはX線写真により確定診断を行います。
また治療前後の記録用として口腔内写真を使用します。

当院では以下のようなデジタルX線写真を使用しています。

デンタルX線写真
むし歯:1本~少数歯隣接面(歯と歯の間)むし歯、深いむし歯の進行度診断、疼痛原因歯確認。                    
歯根病変:根管内の治療状態、根尖(根の先端)病巣、のう胞の診断。
歯周疾患;歯石の付着状態確認、歯槽骨吸収状態(歯周病の進行度)の診断。
その他:手術処置等前後の比較、歯の破折、修復物確認。


歯間のむし歯

歯間のむし歯

歯槽骨吸収

歯槽骨吸収


パノラマ断層X線写真
初診時上下顎の状態確認(むし歯の有無、歯周疾患の確認)
顎関節の異常確認
混合歯列期萌出前永久歯、歯数異常確認
唾石など硬組織疾患診断、萌出困難な親知らずの確認
歯の破折、骨折の診断

パノラマ・CT撮影装置

パノラマ・CT撮影装置


拡大写真(パノラマ撮影装置)

拡大写真(パノラマ・CT撮影装置)


混合歯列期

混合歯列期

埋伏歯

埋伏歯


頭部X線規格写真(セファロ)
矯正治療時の上下顎骨成長の診断、変化の確認
睡眠時無呼吸症候群での口腔内装置の効果判定
手根骨による骨成長の判断


正面

正面

側面

側面


手根骨(子供)

手根骨(子供)

手根骨(成人)

手根骨(成人)


CTX線撮影
上記X線撮影では2次元画像となるため立体的な奥行き、広がりを判断することは困難です。
医科では全身を撮影できるCTやMRIを使用しますが歯科では撮影範囲が中下顔面に限定され対象
となる骨や歯はより詳細な3次元写真が必要となります。 
そこで最近撮影範囲は狭いものの従来のパノラマ撮影装置に3D用センサーを搭載した歯科専用の
機種が開発されました。
これにより立体的で詳細な画像が撮影できるので今まで確認が困難な以下のような問題を解決でき
るようになりました。

詳細な根尖病巣の位置、広がり。
親知らずと下歯槽管との位置関係、埋伏歯の状態の診断。
原因不明な疼痛の原因確認。

下歯槽管の位置確認

下歯槽管の位置確認

下顎前歯立体像

下顎前歯立体像

医院案内

・JR東海道本線 共和駅徒歩5分
近藤歯科医院
愛知県大府市共栄町8-4-15*駐車場5台
TEL:0562-47-3343

診療時間

月・火・水・金
9:30∼12:00/15:00∼19:00


9:30∼12:00/15:00∼17:00
*訪問診療可

休診日

日曜・祝祭日

近藤歯科医院ではスタッフを募集しています詳細はお電話でお問い合わせください

スタッフ募集
リンク集