レーザーの臨床応用

レーザーは切開、止血、凝固、蒸散といったレーザーメスとしての特性を持っています。
この特徴を生かして歯科では以下の症状、疾患に使用しています。

歯肉着色の除去
むし歯治療に使用した金属から溶出した色素や喫煙等が原因の着色、
メラニン色素の沈着で黒ずんだ歯肉の着色を除去します。

口腔粘膜疾患への応用
口内炎、口唇炎の治癒を促進し疼痛を緩和します。

・歯周治療後、抜歯後の止血、治癒促進
術直後、少量の継続的な出血を止めるのに効果があります。
また、術後1~2日後に照射することにより治癒促進効果があります。

治りにくい根の病巣への応用
痛みの原因となる根の先の病巣を殺菌することにより症状を軽快することができます。

歯肉膿瘍の切開
歯肉が腫れた時の切開に応用でき治癒効果が期待できます。

知覚過敏処置
冷たい水、空気に歯が凍みるようなときに使用できます。

う触予防、初期むし歯の治療
歯の溝に照射することにより殺菌効果を期待できます。

・ホワイトニングに使用
より効果的なホワイトニングが期待できます。

・粘膜、歯肉の手術に使用
舌、上唇小帯の切除粘液嚢胞の切除に使用すると出血が少なく良好な治癒を期待できます。

医院案内

・JR東海道本線 共和駅徒歩5分
近藤歯科医院
愛知県大府市共栄町8-4-15*駐車場5台
TEL:0562-47-3343

診療時間

月・火・水・金
9:30∼12:00/15:00∼19:00


9:30∼12:00/15:00∼17:00
*訪問診療可

休診日

木・日曜・祝祭日

近藤歯科医院ではスタッフを募集しています詳細はお電話でお問い合わせください

スタッフ募集
リンク集